Steamでコンスタントにゲームをリリースする開発チームスキップモアの新作『Transiruby』インタビュー

インディーゲームインタビュー

『Transiruby』について

次元大陸の謎を解き明かせ!『トランシルビィ』はサイボーグの少女シルビィが、ソードとショットで敵を倒しながら進んでいく探索型アクションゲームです!

◆ストーリー
突如現れた巨大な次元大陸。たまたま近くの宇宙域を航行していたサイボーグの少女シルビィは、調査のために相棒のAI「ネーコム」とともに次元大陸へと向かうのだった…。次元大陸では謎のサイボーグの少女「ヤマト」やトレジャーハンターの「ダグラス」、その他個性的なキャラたちがシルビィを待ち受けています。

2021年12月9日にSteamで発売が始まった『Transiruby』のインタビューをお送りします。Steamで非常に好評価を得ている本作はどのように開発されていったのか、見ていきましょう。

 

■Transirubyの開発について

●開発のきっかけについておしえてください。
今までは『フェアルーン』や『神巫女 -カミコ-』といったトップビューのゲームを作ってきたのですが、ゲームデザインの勉強のため、サイドビューも作ってみようと思い開発を始めました。

●ビジュアル面にドット絵を採用された理由を教えてください。
ずっとドット絵のゲームを作ってきたのでノウハウもあり、工数も読みやすかったので、今作もドット絵を採用しました。あと、単純にドット絵が好きというのもあります。

●開発チームは何人くらいでしたか
開発中盤までは、主に僕とプログラマーさんの二人でしたが、終盤にはパブリッシャーさんのサポートや、開発会社さんのQAチームも加わり、そこそこの人数になりました。

●また、どのようにして集まったのでしょうか
プログラムを担当していただいた株式会社エスカドラさんはパブリッシャーさんの紹介で。FM音源テイストのBGMアレンジを担当していただいたみそかさんや、ボックスアートを担当していただいた加藤オズワルドさんは、過去作でもお世話になっていたので、その縁もあり引き続き依頼させていただきました。

 

■ゲームについて

●本作のおすすめのポイントを教えてください
「難易度控えめ、面白さ多め」を目指して作ったので、今まで探索型アクションゲームは複雑で難しいと思っていた人も、エンディングまで楽しめると思います。(途中、マップで迷うことはあるかもしれませんが…)

Steamに開発をしていて思ったことをまとめておられますが、日本語版はありますか
開発日誌的なものは PixvFANBOX に日本語の原文があります。他にも開発裏話やBGMの配布などもしていますので、気になる方はチェックしていただければと。

●ドット絵のかわいいキャラが多くいますが、スタッフお気に入りのキャラを教えてください。
自分が好きな要素を詰め込んでデザインしたということもあり、主人公のシルビィが一番のお気に入りです。

●サイトを見ていますと、これまではRPGなどの開発が多かったようですが初のメトロイドヴァニアを作った感想を教えてください。

サイドビューは重力を考慮してレベルデザインをしないといけないので、それが大変でした。開発期間のうち、2年ぐらいはずっとレベルデザインをしていた気がします。

 

■会社(チーム)について

●チームの紹介をお願いします

・ユウラボ(Y. KIMURA)
インディーゲームスタジオ・スキップモアの代表。
原案、ディレクション、ゲームデザイン、レベルデザイン、アート、シナリオ、サウンドなどを担当。
代表作は『フェアルーン』や『神巫女 -カミコ-』。好きなゲームは『ハイドライド』。

株式会社エスカドラ
Unityによるコンシューマーゲーム等の開発、及びグラフィックデザインなど幅広く担うシステム開発会社。
ゲームシステム開発を担当。
過去には『フェアルーンコレクション』の移植開発なども担当した。

・みそか
無料8bitレトロゲーム系音楽素材PANICPUMPKINを運営。
ダウンロードコンテンツのFM音源テイストBGMのアレンジを担当。
『神巫女 -カミコ-』のコンポーザー。

加藤オズワルド
イラストレーター、アニメーション作家、ポケモンカード公認イラストレーター。
タイトル画面のイラストなどを担当。

フライハイワークス株式会社
日本のゲームパブリッシャー。
2011年創業、Nintendo Switch / PlayStation 4 / XBOX ONE / STEAMなどを中心に、ゲームのパブリッシング/ローカライズを主な業務としている。

・この記事をご覧の開発者や学生の皆さんに一言お願いします

やりたいこと全部盛りのゲームを作るのではなく、何を削って何を残すかを意識して作ると、意外な個性が出てきて面白いゲームになるかもしれません。『トランシルビィ』も削りまくって今の形になりました。

●ありがとうございました。

インタビュー記事

インディーゲームインタビュー様々なインディーゲームクリエイターに開発したゲームについてお話を伺います。#インディーゲーム #開発の苦労話 #フランス #アドベンチャー #『放浪者 フランケンシュタインの創りしモノ』[…]


「楽屋でまったり」ではインタビューして欲しいインディーゲームクリエイターを募集しています。
インタビュー希望の方は、下記LINEまでご連絡ください!

▼学生向けLINEの登録はこちらから!
新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!
新規CTA

Game Creators Guildとは

ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、
ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、
クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成が出来る
仕組みづくりを日々模索しています。
Game Creators Guild 公式サイトはこちらから
\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/