学生インディーゲームの祭典『ゲームクリエイター甲子園』エントリー受付中!
hata
AUTHOR

hata

5歳くらいに実家の喫茶店にあったテーブル筐体に触れたのがゲームとの出会い。それ以来ゲーム大好き。今は、ゲームライターとしていろいろなゲームメディアで記事を書いています。