7/29(木)開催!「『かまいたちの夜』『街』の生みの親が語る幸せなクリエイターは”時間が止まる”説クリエイターヒストリア#8 」参加申し込み受付中!

天皇賞(春)ってどんなレース?ウマ娘の視点からGⅠを徹底解説!

天皇賞(春)ってどんなレース?ウマ娘の視点からGⅠを徹底解説!

先々週の皐月賞は、2番人気エフフォーリアが好位から抜け出し完勝!
もともと広くて直線の長いダービー向きと言われていただけに、今後も目が離せない存在となりそうですね!
(ちなみに、父・エピファネイアは菊花賞馬。これはもしかして…)

ワネ
ワネ
僕の本命はアサマノイタズラでした(12番人気・16着)

「ウマ娘の視点から~」シリーズが始まって以降、僕の本命馬はすべて二ケタ着順
カレンチャンもタイシンも引けないしどうなってるんだ~

ワネ
ワネ
本命馬が大負けしても、しっかりと敗因を分析すれば、人気が落ちたときにウマい馬券が取れることも結構あります…!

さて、5月2日(日)は日本で最長距離のGⅠ天皇賞(春)が阪神競馬場で行われます。
ウマ娘でも勝つのが大変なレースですが、今年は例年と異なる点があるようで…?

今回も、リアル競馬とウマ娘の両方から、GⅠを詳しく解説します!

天皇賞(春)とは?

例年の天皇賞(春)は、京都競馬場の芝3200mで行われる長距離レースです。
しかし、今年は京都競馬場が改修工事のため、27年ぶりに阪神競馬場で開催されます。

この2つの競馬場の違いは、ズバリ直線の坂長さ!

まず、京都競馬場は3コーナーから下り坂で直線も平坦というコースなので、坂の下りから動いてスピードをつけて先団にとりつき、そのまま直線でもスピードを持続させて押し切るというようなレースができる馬が好走しやすいです。

対して阪神3200mは、1周目が外回りコースで2周目が内回りのため、直線が短いです。
さらに、3コーナーの下り坂は京都と似ているものの、直線に坂があります。

このように、やや中山競馬場に近いコース設定のため、前につけられて坂を越えるパワーのある馬が狙い目です。

ワネ
ワネ
外回りの後に内回りって、コース間違えないの?という方はこちらの動画をみてください!
係員さんの奮闘がうかがえますね!

ウマ娘に登場する馬で見る天皇賞(春)

名前の格式高さに見合い、天皇賞(春)は非常に名レースが多いです!
ほんの一部ですが、過去の名勝負を紹介します!

【1993年】ライスシャワー、メジロマックイーンの3連覇を阻む

前年の菊花賞では、ミホノブルボンの3冠をレコード勝ちで阻んだライスシャワー。

史上初の同一GⅠ・3連覇に挑む王者メジロマックイーンを倒すべく、極限まで馬体をそぎ落として天皇賞(春)に向かいます。

レースでは、マックイーンの直後に終始ぴったりとつけ、直線で逃げ切りをはかるメジロパーマーとともに3頭が抜け出します。

直線半ばでマックイーンを捉えたライスシャワーは、そのまま2馬身半差をつけて完勝。
菊花賞に続くレコード勝ちで、ステイヤーとしての実力を改めて世間に見せつけました。

【1994年】ビワハヤヒデ、「阪神の天皇賞」でBN対決を制す

1993年のクラシック路線を沸かせた「BNW」。ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウイニングチケットの3頭で、クラシックのタイトルを一冠ずつ分け合います。

ゲームクリエイターの楽屋でまったり by Game Creators Guild

目次 1 【4/26】ウマ娘アプデ情報!今回追加されるウマ娘 […]…

翌1994年の天皇賞(春)は阪神競馬場での開催。ウイニングチケットの負傷離脱や、トウカイテイオーやライスシャワーなどの有力馬も回避。さながらナリタタイシンとの一騎打ちの様相を呈する中で、ビワハヤヒデは単勝1.3倍の圧倒的な人気に推されます。

ワネ
ワネ
ウマ娘でも、ビワハヤヒデとナリタタイシンの目標レースになっている天皇賞(春)は、ちゃんと阪神開催!
さすが細かいポイントも押さえています!

レースでは、スローペースに若干かかる素振りを見せるも、最後の直線で余裕を持って先頭に立つと、追い込んでくるナリタタイシンが並んでくるのを待ってからスパートをかけて押し切り勝ち。

前週の皐月賞で、弟のナリタブライアンがレコード勝ちを収める中、兄としての威厳を見せつける格好となりました。

ワネ
ワネ
ちなみにこのレースには、ナイスネイチャ(4着)とマチカネタンホイザ(5着)も出走しています!

【2015年】ゴールドシップ、三度目の挑戦で天皇賞(春)制覇

みんな大好きゴールドシップ。
いかにも天皇賞(春)に適性がありそうですが、4歳時は5着(単勝1.3倍…)、5歳時は7着(ゲート入りの際に係員に尻を触られ機嫌を損ねる)と結果が出ず。

迎えた6歳での三度目の天皇賞(春)。
いきなりゲート入りを渋って発走時刻を5分遅らせると、スタートしてジョッキーが気合いをつけるも進んでいかず、相変わらずの最後方。

緩やかなペースの中、このままではとうてい前には届かない…
という中で、なんと2周目の上り坂からスパートを開始

ワネ
ワネ
京都の長距離レースにおける上り坂でのスパートは、直線でのガス欠を起こしやすいので無謀とタブー視されています…!

4コーナーで5番手まで位置を上げると、直線半ばで先頭に立ち、後続の追撃もしのいでゴール。

無尽蔵のスタミナを改めて見せつけ、GⅠ・6勝目を挙げました。

ゴルシウィークについて

現在、ウマ娘のゲーム内ゴールデンウイーク施策が「ゴルシウィーク」と銘打たれています。

4/29(木)が祝日だったので、ここが連休初日だった人も多いはず。
その中で4/30(金)12時から始まった本キャンペーン。ゴルシのようにややスタートが出遅れて見えるのは偶然か、はたまた狙いどおりか…

さらに気になるのは、ゴルシちゃんモードで入手できる最大120万マニー。
120という数字とゴルシで思い浮かべるのは、史上初の3連覇がかかる中、大出遅れで惨敗を喫した2015年の宝塚記念。

たった1~2秒で挽回不可能な差がついてしまったこのレースで、紙くずになったゴルシがらみの馬券がおよそ120億円といわれています…

予想王TV@SANSPO.COM

 第56回宝塚記念(28日、阪神11R、GI、3歳上オープン国際(指)、定量、芝・内2200メートル、1着本賞金1億50…

 

【2017年】キタサンブラック、圧巻のレコード勝ちで連覇達成

ここまでGⅠ・4勝と、古馬の総大将としての風格も十分なキタサンブラック。
前年の有馬記念でクビ差で競り負けたサトノダイヤモンドらを相手に、史上4頭目となる天皇賞(春)連覇を目指します。

ワネ
ワネ
天皇賞(春)の連覇を成し遂げたのは、メジロマックイーンやテイエムオペラオーなど、一流の名馬ばかり!

レースでは、大逃げする馬の7馬身ほど後方の2番手から進め、3コーナーで動いて前との差を詰めると、4コーナーで先頭に立って押し切りを計ります。

外からサトノダイヤモンドらが差を詰めにかかるも、直線半ばで二枚腰を使ったキタサンブラックが寄せつけず、そのまま押し切り。
勝ちタイム3分12秒5は、あのディープインパクトのタイムを0秒9縮める衝撃のレコードで、見事GⅠ・5勝目を挙げました。

今年の天皇賞(春)の有力馬は?

今年のレースは、例年のような絶対的な有力馬がおらずまさに群雄割拠!
さらに、牝馬が勝てば68年ぶりの快挙となる中で、今年は3頭の牝馬が参戦。
ひと波乱もふた波乱もありそうですが、はたして…?

ディープボンド

前走・阪神大賞典は雨の降りしきる重馬場の中で5馬身差の圧勝。一気に天皇賞(春)の主役へと躍り出ました。
昨年はダービー5着、菊花賞4着とクラシック路線でも健闘。母父キングヘイローという血統ながら長い距離で好走しており、ここでも当然勝ち負けが期待できる一頭です!

ワネ
ワネ
主戦の和田騎手はテイエムオペラオーで連覇の経験あり!ジョッキーも長距離が得意で頼もしいです!

カレンブーケドール

中距離GⅠで存在感を見せる牝馬が、ついに天皇賞(春)に参戦!

カレンブーケドールの持ち味は、何といってもその安定感!
ここまでキャリア14戦で2勝にとどまりますが、2着はなんと7回で、そのうち4回がGⅠです!

14戦のうち掲示板(5着以内)を外したことは一度もなく、どんな距離、どんな展開、どんな相手にも確実に力を発揮します。

抜け出すとフワフワして集中できない面があるので、なかなか1着は難しいかもしれませんが、2~3着には十分食い込んできそうな怖い一頭です!

 

ウインマリリン

こちらの牝馬も中距離で好位からしぶとくいい脚を使うタイプで、長距離でもあなどれない一頭です!

昨年のオークストライアル・フローラステークス(GⅡ)で重賞初制覇を遂げると、オークス本番では無敗の三冠牝馬・デアリングタクトに半馬身差の2着。

エリザベス女王杯(GⅠ)4着、AJCC(GⅡ)6着を経て挑んだ日経賞(GⅡ)にて、4コーナー2番手から内を伸びて重賞2勝目。(2着はカレンブーケドール)
鞍上の横山武史ジョッキーはエフフォーリアでGⅠ初制覇を挙げたばかりと、勢いに乗って本番に臨みます!

ワネ
ワネ
日経賞の牝馬ワンツーは、なんと68年ぶり!
天皇賞(春)も牝馬が勝てば68年ぶりなので、これはもしかして…?

メロディーレーン

昨年に続いて参戦の牝馬、メロディーレーン。
3歳時には果敢に菊花賞に挑んで5着と、ステイヤー適性は高いです!

ですが、この馬の最大の特徴はとにかく体が小さいこと

未勝利戦を勝ち上がった際の馬体重338㎏はJRA最軽量優勝記録です!

先述の菊花賞では55kgの斤量(ジョッキーの体重、鞍などの馬具をすべて含めた重量)を背負っていましたが、体の小さなメロディーレーンにはなかなかのハンデ。
体の大きなキタサンブラックが菊花賞で背負った斤量57㎏(馬体重530㎏)で換算すると、メロディーレーンはなんと約86㎏
これで5着にきたからすごい…

そんなメロディーレーンは、好走できるかは展開待ちの面が大きいですが、他の馬と走るととにかくちっこくてかわいいです!

かわいい馬が好きな方はぜひ応援してみよう!

まとめ

阪神開催や混戦ムードのメンバーもあり、例年とは違う面を見せる今年の天皇賞(春)。
混戦ムードということはそれだけ馬券のオッズも割れるということなので、どの馬を応援してもそれなりの配当になりそうです!

2年目のおうち時間ですが、今年の我々には競馬とゴルシウィークがあります。
みなさんも馬券を買って好きな馬を応援しよう!

普段はこんな活動をしています

Game Creators Guildとは

ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、
ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、
クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成が出来る
仕組みづくりを日々模索しています。
Game Creators Guild Facebookはこちらから

▼学生向けLINE登録はこちら

LINE(SEED)

▼社会人向けLINE登録はこちら
新規CTA

▼イベントやコミュニティ等はディスコード!

\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/