学生インディーゲームの祭典『ゲームクリエイター甲子園』エントリー受付中!

怪奇現象が起きるトイレで霊が… ホラー映像作品「Vile Rapture」制作チーム「Apostle」にインタビュー【ゲームクリエイター甲子園】

【ゲームクリエイター甲子園】月間賞受賞者インタビュー

ゲームクリエイター甲子園への応募作品の中で、月ごとに最も注目・応援された作品の制作者にインタビューする本企画。
今回は、9月話題賞を受賞した映像作品「Vile Rapture」を制作した、チームApostleにインタビュー!

雰囲気満載のホラー作品はどのようにして生まれたのでしょうか?

▼「Vile Rapture」の詳細はこちら!

ゲームクリエイターズギルド公式サイト

 

▼ゲームクリエイター甲子園とは?

ゲームクリエイターズギルド公式サイト

ゲーム制作に携わる学生クリエイターの可能性を最大化するゲームコンテスト。それが「ゲームクリエイター甲子園」です!いつでも…

 

映像制作について

●制作のきっかけについて教えてください。

張さん:アメリアさんから誘われて、ホラーが好きなメンバーが集まって制作しました。

 

●担当したところ

張さん:私は背景モデルとテクスチャ、映像を担当しました。

アメリアさん:キャラクタ、ライティングを担当しました。

岡崎さん:エフェクトを担当しました。

 

●完成までの期間はどのくらいでしたか?また、大変だったことを教えてください。

3人:映像ができるまでは3か月くらいでした
さらに、実は3人とも映像がはじめてだったので、大変でした。

張さん:これまでキャラクターを作ってきたので、はじめて背景に挑戦したので大変でした。それにUE4を使うのも初めてで操作にも苦労しました。

アメリアさん:これまで背景を勉強していたので、キャラをつくるのに苦労しました。主にトポロジーなどが難しかったです。

岡崎さん:エフェクトでHoudiniを使うことになって、1から勉強しながらつくりました。

 

●今回の映像はホラーの要素を感じさせるものでしたが、インスパイアされたものなどはありますか?

張さん:アートステーションで見た絵に影響を受けたり、バイオなどの影響を受けて制作をはじめました。

アメリアさん:わからないところなんかもあって、実際に学校のトイレを見たりして研究をしました。

岡崎さん:アメリアさんに誘われて、いいなって思ってホラーについても調べたりして制作を進めました。

●好きなホラーゲームを教えてください。

張さん:バイオハザードやRULE OF ROSE(PS2)が好きです。

アメリアさん:Outlastやサイコブレイクです。

岡崎さん:バイオハザードですが、映画ならIT、リングなどです。

ゲームクリエイター甲子園への参加と、これからの「Vile Rapture」

●受賞した気持ちについて教えてください。

張さん:自分の作品が出てきてとても驚いた。すごくうれしかった

アメリアさん:ゲームが始まると思われたんじゃないかと思ったけど、受賞できてよかった。

岡崎さん:こうやって紹介してもらって、ゲストのコメントももらえてうれしかった。

 

●今年就職活動して思ったこともお聞きしてよいでしょうか?

張さん:面接がオンラインになっていて、先輩たちのアドバイスと違ったりしてモニターを通して自分の気持ちが伝わるか心配でした

アメリアさん:オンライン面談になったので、目線などに気を使いました。パソコンを高くしたりした。かえってリラックスしたりもできたかもしれない。会社行くよりいいかもしれない。東京の会社だったら行くだけでも大変だと思います。

岡崎さん:面接の環境(ライトなど)を整えたりして3Dの開発に通じるところがあって、以外なところで勉強になりました。

 

●この映像からゲームにしていこうというお話もあるのでしょうか?

張さん:やってみたいんですけど、卒業年次なので、卒業制作もあって難しいかなと思いました。

 

●甲子園の他のゲームで気になるものがあれば教えてください。

張さん:「Four Legs Chicken」は面白いと思います。2Dのチキンの絵が海外っぽくてよかったのでクラスの友達に進めました。

げ〜みんぐからあげ「Four Legs Chicken」

ゲームクリエイターズギルド公式サイト

アメリアさん:くるくるざかなというチームでA Tale of Lowlandも出展しました。

くるくるざかな「A Tale of Lowland」

ゲームクリエイターズギルド公式サイト

 

●甲子園に出て見て感じたことをおしえてください。

張さん:自分の作品をいろいろな人に見てもらえて、いろんなコメントをもらえたのがよかった。学校だと先生だけだけど、いろんな人の意見が聞けたのがよかった。

アメリアさん:審査員にほめられてよかった。次の作品のモチベーションが上がった。

岡崎さん:コンテストに出すのははじめてで、いろんな声をもらえてモチベーションにつながった。

 

●このインタビューを見た人に一言お願いします。

張さん:ホラーが好きじゃなかった人も好きになってほしい

アメリアさん:業界入ってからもホラー作品を作れたらいいな

岡崎さん:この映像を見て、ぜひ自分たちも作ってみたいと思ってもらえたらうれしいです。

 

●ありがとうございました。

質問・相談はLINEから!

質問・相談はLINEで受け付けています!その他GCGで開催しているイベント、過去イベのアーカイブ、そして就活相談などなどゲーム業界に関わる様々なことを発信しています!

甲子園関連の質問はもちろん、作品全般に関する相談や就活の質問など気軽にお問い合わせください〜。

▼学生さんはこちら
新規CTA

▼社会人の方はこちら
新規CTA

▼イベントやコミュニティ等はディスコードへ!甲子園コミュニティもここで盛り上げていきます。

 

Game Creators Guildとは

ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、
ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、
クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成が出来る
仕組みづくりを日々模索しています。
Game Creators Guild 公式サイトはこちらから!
\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/