学生インディーゲームの祭典『ゲームクリエイター甲子園』エントリー受付中!

臨場感溢れる本格推理ADV「雨夜の山荘で君は惑う」制作チーム「DELTARTS」にインタビュー【ゲームクリエイター甲子園】

【ゲームクリエイター甲子園】月間賞受賞者インタビュー

ゲームクリエイター甲子園への応募作品の中で、月ごとに最も注目・応援された作品の制作者にインタビューする本企画。
今回は、9月応援賞を受賞したミステリーノベルゲーム「雨夜の山荘で君は惑う」を制作した、チーム「DELTARTS」にインタビュー!

臨場感溢れる本格推理ADVゲームはどのようにして生まれたのでしょうか?

▼「雨夜の山荘で君は惑う」の詳細はこちら!

ゲームクリエイターズギルド公式サイト

 

▼ゲームクリエイター甲子園とは?

ゲームクリエイターズギルド公式サイト

ゲーム制作に携わる学生クリエイターの可能性を最大化するゲームコンテスト。それが「ゲームクリエイター甲子園」です!いつでも…

 

開発について

●今日はよろしくお願いします。自己紹介をお願いします。

DELTAさん:個人サークル「DELTARTS」代表のDELTAと申します。
大学では経済学を専攻していて、元々はアメリカ留学を予定していたのですが、コロナの影響で留学を断念することになってゲーム開発を始めました。

 

●そういう経緯があるのですね。開発をはじめたきっかけについて教えてください。

DELTAさん:ゲーム開発を始めたきっかけは、留学に行けなくなったこともありますが、友人との出会いや『アイアンマン』という映画にインスパイアされたこともあります。
また、開発を始める前に市場分析をした結果、フリーゲームは非常に数が多くレッドオーシャンだと気づきました。

そういった中、どうやって差別化しようか考えた結果、あまり作られていなかったジャンルで自分が好きだったミステリーゲームを作ることにしました。

 

●近年は3Dアクションのゲームなども多いのですが、ノベルゲームを選んだのはどうしてでしょう?

DELTAさん:作品の性質上、どうしても情報量が多くなるので、一番上手く情報を伝えられそうなノベルゲームを選びました。

また、高校の頃、全国作文コンクール第16回「17歳からのメッセージ」で銀賞を受賞するなど、昔から執筆が得意だと自負していたこともあります。

 

●自分の長所を活かして開発を進めたのですね。ゲームエンジンは何を使っているのでしょう?

DELTAさん:エンジンはティラノビルダーを使っています。
1作目だということで、不明点が出た際は、ネットで調べたりYouTubeで解説動画を見たりしました。

割と長編の作品だったこともあり、普通に制作していると完成できないかもしれないと思い、当時は寝る間を惜しんで制作に励んでいました。
コロナで大学がリモート授業になったため、合間時間に結構頑張りました。

プレイ時間は黙読で約3時間です。

 

●1作目だと様々な苦労があったのでは?

DELTAさん:色々苦労はありましたが、中でもステージ制作は結構こだわりました。
リアリティーを出すために、舞台のモデルとなった洋館にゲームの主人公と同じように、友人と旅行し、イメージを膨らませてblenderでモデリングしました。

ちなみに、作品のタイトルに雨を入れたのは、旅行当日、本当に雨が降ったからです。
元々は雪でも降らせようかと考えておりました笑

他にも難易度調整は大変でしたね。
最初はもっと難易度が高かったのですが、プレイしてもらった友人のアドバイスを受け、犯人当てのチャンスを2回に変更しました。
あとミステリーはストーリーが結構重要なので、執筆もかなり苦労しました。

ゲームクリエイター甲子園での活躍と、これからの「雨夜の山荘で君は惑う」

●月間応援賞とゲスト審査員賞を受賞した感想を教えてください。

DELTAさん:月間応援賞とセガの西村様からゲスト審査員賞を頂き、東京ゲームショウ2021に出展して頂きました!
初制作で東京ゲームショウという特大イベントに出展出来て、大変驚きましたし、嬉しかったです。
改めてゲームクリエイター甲子園に参加して良かったと考えました。

また、実況してくれた方々や応援してくれた方々などいろんな人の支えがあったからこそ、達成出来たのだと私は考えています。
拙作を遊んでくれた全ての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです!

▼株式会社セガ・西村ケンサクさんゲスト回の熱血道場はこちら🔥

 

●今後やってみたいこと

DELTAさん:実は次回作の企画を水面下で進めています。
今回の制作で課題点がいくつも見つかったので、その課題を改善し、プレイヤーの皆様がより楽しめる作品を作っていきたいです。
大学3年生で就活もあり、忙しい時期ですが、また来年も新作を出せるように頑張ります。

 

●このインタビューをご覧のみなさんに一言お願いします。

DELTAさん:今回の制作で気付いたのは、自分が楽しいと思える作品を作ることの重要性です。
他者の意見も大事ですが、まずは自分の作品を信じて完成させることが大事だと思います。

甲子園に参加されている皆さん、参加を考えている皆さん、一緒に楽しい作品作りましょう!!

 

●ありがとうございました。

質問・相談はLINEから!

質問・相談はLINEで受け付けています!その他GCGで開催しているイベント、過去イベのアーカイブ、そして就活相談などなどゲーム業界に関わる様々なことを発信しています!

甲子園関連の質問はもちろん、作品全般に関する相談や就活の質問など気軽にお問い合わせください〜。

▼学生さんはこちら
新規CTA

▼社会人の方はこちら
新規CTA

▼イベントやコミュニティ等はディスコードへ!甲子園コミュニティもここで盛り上げていきます。

 

Game Creators Guildとは

ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、
ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、
クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成が出来る
仕組みづくりを日々模索しています。
Game Creators Guild 公式サイトはこちらから!
\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/