学生インディーゲームの祭典『ゲームクリエイター甲子園』エントリー受付中!

【ウマ娘で見る秋華賞】カワカミプリンセスやダイワスカーレットも制した牝馬三冠最終戦を解説!

【ウマ娘で見る秋華賞】カワカミプリンセスやダイワスカーレットも制した牝馬三冠最終戦を解説!

10月17日(日)に、阪神競馬場で秋華賞が開催されます!

ファインモーション、カワカミプリンセスの無敗での制覇や、先行押し切りでウオッカを封じたダイワスカーレットなど、数々の名馬が生まれた秋の牝馬三冠最終戦です。
今回は、秋華賞がどんなレースなのか、ウマ娘登場キャラクターを交えて徹底解説します!

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
わたしが解説します

▼過去のウマ娘記事はこちら!

ゲームクリエイターの楽屋でまったり by Game Creators Guild

ゲームクリエイターみんなで作る井戸端トークのゆるっとメディア…

秋華賞とは?

秋華賞は、例年であれば京都競馬場の芝2000mで開催されますが、今年は阪神競馬場での開催です。
例年はペースが流れやすく、内回りコースで直線が短い割によく差しの決まるレースです。

しかし、今年は26回目にして初の阪神開催。今年に阪神芝2000mで行われた重賞は2レースとも逃げ馬が勝利していますが、果たして秋華賞はどうでしょうか…?

ただ、直線の短い内回りコースなのは変わらないので、中山競馬場などの小回りコースで実績のある馬に適性がありそうです!

ワネ
ワネ
トライアルで言えばローズSより紫苑Sを重視したいですね!
ウマ娘ではなかなか使う機会のないレースですが、最近はこのレースを叩いた馬がよく好走しています!

ウマ娘登場キャラで見る秋華賞

秋華賞を制したウマ娘(のモデルになった競走馬)たちは、総勢5人!

1997年 メジロドーベル
2002年 ファインモーション
2004年 スイープトウショウ
2006年 カワカミプリンセス
2007年 ダイワスカーレット
今回は、この中から一部をピックアップしてご紹介!

【2002年】ファインモーション

恵まれた血統背景から、もともとは繫殖牝馬とする目的で輸入されたファインモーション。
しかし、いざ競走馬としてデビューさせると、その類まれな能力を遺憾なく発揮。
デビューから4連勝で迎えた秋華賞では、なんと単勝1.1倍と超グリグリの1番人気。
レースでは好位から危なげなく抜け出し、2着に3馬身半差の圧勝。秋華賞でこの着差をつけて勝利した馬はいまだに現れていません。
続くエリザベス女王杯でも、年長の歴戦牝馬を相手に完勝。
好位から強烈な末脚を繰り出すそのレーススタイルで、2002年秋のターフを沸かせました。

【2006年】カワカミプリンセス

先日育成ウマ娘として実装されたカワカミプリンセス。
ゲームではよくキングヘイローといっしょにいる場面が目立ちますが、史実のカワカミプリンセスはキングヘイロー産駒です!
6月生まれと競走馬にしては遅生まれで、その分デビューも遅かったカワカミプリンセス。
しかし、無傷の3連勝でオークス出走の切符を手にすると、3コーナーから抜群の手ごたえで進出してGⅠ初制覇。
オークスから直行で挑んだ秋華賞は、4コーナーで内の馬と接触し、外に振られながらも力強く脚を伸ばして見事牝馬二冠を達成。
ウマ娘でも描かれる気の強さが持ち味のお姫様でした。
ワネ
ワネ
次走のエリザベス女王杯では1着入線も、他の馬に不利を与えたとして12着に降着。
普段も洗い場の壁に穴を空けるなど、何かとお騒がせなキャラクターはうまくウマ娘にも投影されていますね!

【2007年】ダイワスカーレット

ダイワスカーレットとウオッカがライバル関係というのは、ウマ娘以降多くの人にも知られています。
GⅠでは合計3度対戦した両者ですが、クラシックシーズンはダイワスカーレットの2戦2勝でした。
その2戦目が2007年の秋華賞。桜花賞馬とダービー馬が激突というトンデモ秋華賞となったこのレース。
2番手につけたダイワスカーレットは、残り600m付近から桜花賞で見せたようなロングスパートに出ます。
桜花賞でもウオッカの末脚を完封したこの作戦で、またもウオッカの追い込みは不発で3着どまり。
桜花賞に続く圧倒的なパフォーマンスで、見事牝馬二冠を達成しました。

ワネ
ワネ
オークスはどうした?という話ですが、ダイワスカーレットは感冒(風邪のような症状)により回避しています…
もし走っていたら、おそらく牝馬三冠を達成していたでしょうね

今年の秋華賞の有力馬は?

あの純白のアイドルホースが参戦!

ソダシ

牝馬二冠目・オークスで8着と初黒星を喫したソダシ。

血統的にマイルより長い距離は厳しいのではないか?との声もある中、8月の札幌記念(芝2000m)に参戦しました。

レースでは、好スタートから2番手を追走するも、3コーナー付近でマクリの入る先行馬には厳しい展開。
それでもマクリを受けても引かず早めに先頭に立つと、じりじりと脚を使わされる厳しい展開をそのまま押し切り勝ち。

厳しい展開で2000mを走り切り、年長のGⅠ馬3頭を撃破したソダシ。
今回は桜花賞と同じ2枠4番を引き当てましたが、内枠すぎて進路がなくならなければ馬券内は堅そうです。

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
適性はこんな感じ!

バ場適性 芝:A ダート:?(血統的にBぐらいありそう)

距離適性 短距離:G マイル:S 中距離:B 長距離:G

脚質適性 逃げ:C 先行:A 差し:G 追い込み:G

 

ユーバーレーベン

今年のオークス馬のユーバーレーベン。
父・ゴールドシップ譲りのスタミナと長く使える末脚で、春の乙女たちには過酷な2400m戦を制しました。

阪神競馬場で勝ちまくったゴルシと同じく、マクリ気味の早めの進出もできるユーバーレーベン。
阪神開催の今年の秋華賞でも当然有力候補ですが、心配なのはコンディション。
オークス後に脚の炎症が見られた影響で、短い期間で何とか本番に間に合わせた格好です。

何度かレースを使って状態の上がる馬だけに、ぶっつけ本番がどう出るでしょうか…

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
適性はこんな感じ!

バ場適性 芝:A ダート:G

距離適性 短距離:G マイル:A 中距離:A 長距離:B

脚質適性 逃げ:G 先行:G 差し:A 追い込み:B

アンドヴァラナウト

夏の間に大きな成長を見せた上がり馬がこのアンドヴァラナウト。
母の母がなんとエアグルーヴという良血馬です。

ワネ
ワネ
お母さんは1年に1頭しか子どもを産めないので、母系が名馬なのは相当レアで、かつすごいです!(語彙力)

重賞初挑戦となった前走のローズSでは、中団の前めから抜け出して快勝。
優等生なレースぶりで、夏の成長を大きくアピールしました。

実力的には有力な1頭ですが、阪神芝2000mのような小回りコースは初挑戦。
コースの経験は他馬に利があるだけに、持ち前のセンスと成長力でカバーできれば大きく勝ちに近づきます!

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
適性はこんな感じ!

バ場適性 芝:A ダート:G

距離適性 短距離:G マイル:A 中距離:A 長距離:G

脚質適性 逃げ:D 先行:A 差し:A 追い込み:G

まとめ

ワネ
ワネ
今回のワネ予想はこちら!
◎ソダシ
○スルーセブンシーズ
▲アールドヴィーヴル

△ホウオウイクセル
ソダシを含む人気馬が2頭は馬券内を占めそうなレースですが、1頭は小回り適性のある穴馬が台頭すると見ます。
今回のソダシはインで詰まらなければ鉄板と見て、1番人気ですが本命にしました。
しかし、穴党としてのつまらんプライドで、相手には穴馬を3頭ピックアップ。
スルーセブンシーズは紫苑S2着。直線半ばで進路を外に切り替えるロスも脚を伸ばしており、小回りコースの適性も高いです。
アールドヴィーヴルは桜花賞とオークスで5着。どんな相手でも堅実に走るタイプなので、差しのきく展開での上振れに期待します。(ただ、小回り適性はそんなになさそう…)
最大の惑星はホウオウイクセル。前走の紫苑Sは、ゲートで立ち上がってしまいアイツ並みの大出遅れ。
それでもすごい脚を使い伸びてきており、中山1800mのフラワーカップで重賞初制覇を遂げたようにタフな舞台の適性は高そうです。
ちなみに、母の父スペシャルウィーク(その母の父マルゼンスキー)、母の母メジロドーベル(その父メジロライアン)と、母系はウマ娘凝縮血統なのでみんな応援しよう!

ワネ
ワネ
ユーバーレーベンはずっと応援してるけど、ここは次のレースで期待したい!
秋のクラシック級は、夏に力をつけて参戦してくる馬も大きな魅力。
今回もアンドヴァラナウトが参戦しますが、既存勢力との力関係をあれやこれやと推測するのが楽しいので、ぜひみなさんも馬券を買って好きな馬を応援しましょう!

普段はこんな活動をしています

▼「ゲームクリエイター甲子園 2021」エントリー開始!

ゲームクリエイターズギルド公式サイト

ゲーム制作に携わる学生クリエイターの可能性を最大化するゲームコンテスト。それが「ゲームクリエイター甲子園」です!いつでも…

▼学生向けLINEの登録はこちらから!
新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!
新規CTA

▼イベントやコミュニティ等はディスコード!

\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/