ゲームクリエイター熱血道場2022 #12|講談社クリエイターズラボ 片山氏登場!ゲスト審査員賞受賞作をご紹介

ゲームクリエイター熱血道場とは

500作品以上が集まる学生ゲームコンテスト「ゲームクリエイター甲子園」の公式YouTube番組です。
毎回豪華ゲストが「ゲームクリエイター甲子園 2022」に提出されたゲーム作品を実際にプレイ&講評。この番組で取り上げた作品は、2022年12月17日(土)に発表される「ゲームクリエイター甲子園 2022」の総合大賞にノミネートされます。

思わずゲストも唸ったクリエイター渾身の作品をとくとご覧あれ!「ゲームクリエイター熱血道場」は、毎週金曜日21時から配信中!

ゲームクリエイター甲子園公式サイト ▶ https://game.creators-guild.com/gck2022/
作品掲載場所「みんなのゲームパレード」 ▶ https://gameparade.creators-guild.com/

出演者紹介

ゲスト審査員:片山 裕貴(かたやま ゆうき)

◇講談社クリエイターズラボ◇
ホームページ ▶ https://creatorslab.kodansha.co.jp/gcl/
Twitter ▶ @kodanshaGCL
YouTube ▶ @【公式】講談社クリエイターズラボ KODANSHA CREATORS’ LAB.

2018年 講談社入社。第四事業局 クリエイターズラボ所属。
FRIDAY、月刊少年マガジンの編集者を経て、現在はゲームクリエイターズラボ(GCL)のチーフを担当。
GCLが支援するインディゲーム21作品の制作状況確認や、発売スケジュールの進行管理などを行っている。

副道場主:いそぴー

ゲームクリエイター熱血道場の副道場主。
ソーシャルゲーム黎明期からディレクター、プロデューサーとして数々のIPタイトルを牽引。 現在はゲーム業界専門キャリアコンサルタントとして人材採用、育成に携わる。

GCG公式VTuber:椎名木 るか

Twitter ▶ https://twitter.com/Gamecreators_G

自分でゲームを作って大金持ちになることを夢見るVTuber。
「ゲームは面白い、ゲームを作る人はもっと面白い」をモットーに、ゲームクリエイターに役立つ情報をGCG広報として発信するために活動中。ホラゲー大好きネコ派。

 

週間新着更新ランキング上位に輝いた2作品をご紹介!

「ゲームクリエイター甲子園 2022」に作品を提出し、ゲームジャンルで週間新着更新ランキング上位になった作品を発表します! 総勢1554人、336作品の中から選ばれたのはどの作品でしょうか!?

Fly Carry』 制作チーム:Blue Diver

【作品紹介】
このゲームは地形にイカリをひっかけて華麗に進む横スクロールアクションゲームです。
プレイヤーをスティック操作させながらイカリを発射することによって移動することと、イカリを地形に刺すことよって起こるアクションがこのゲーム一番の独自性です。
このアクションによって今までにない感触をもたらしています。
トライ&エラーを重ね、独自のアクションを楽しみながらステージ奥の宝を目指せ!
【片山さんの講評】
「イカリを刺す」という所で色んなアクションが組み込まれていてすごく良かったです。でも、それ以上にスピード感やテンポ感が気持ち良かったですね。プレイしていく内にどんどん操作が上達してスピーディにクリアできるようになるし、アクションも楽しめる。「これやってみようかな、こうしてみたいな」という風に、遊んでいく中で操作の欲望が湧いてくる、非常に素晴らしい作品だと思います。改善ポイントを挙げるとすると、キャラクターの見せ場を増やすこと、ですかね。今はアクションが中心のゲームになっていますが、折角なのでキャラクターの設定がもう少し盛り込まれるとさらに印象深いゲームになるんじゃないでしょうか。

 

ヘソライダーのSTG』 制作チーム:ヘソライダー

【作品紹介】
行く手を阻む謎の敵と弾幕
正義のヒーロー、ヘソライダーが立ち上がる!
迫りくる弾幕に屈せずボス撃破を目指せ!難易度高めの弾幕シューティングゲームです。
何回GAMEOVERになってもめげずに挑戦し続けてください!
【片山さんの講評】
良い意味で力が抜けている見た目なので、ゲームの難易度も緩いのかなと思いきや、しっかり難しいゲームでした(笑)。そのギャップが面白いですよね。難易度が高いので一生懸命プレイしたんですが、久々にこういった経験を味わえて楽しかったです。ここまでプレイヤーを試すようなゲームを最近あまり見かけないので……(笑)。それに“覚えゲー”の要素も含まれていて面白かったですね。一点アドバイスをするとしたら、ヘソライダーというキャラクターを使って10本くらいのミニゲームを詰め合わせてみて欲しいですね。イメージとしては『メイドインワリオ』のような感じです。ステージごとに弾幕のジャンルが変わっていっても面白んじゃないでしょうか。

 

片山さんが推薦した作品とは?

厳選された作品の中からゲスト審査員の片山さんが推薦した作品がこちら!

MaliceBuster』 制作チーム:甘味堂

【作品紹介】
パソコンに害をなす存在「ウイルス」。
人の悪意によって生まれたやつらは、ひとたび潜り込めば想像を超える悪事を働く。
そんなウイルスに対して人は無力ではない。
【片山さんの講評】
初めて見たときに「見たことないゲームだ」と思ったので、今回はこの作品を推薦しました。実際に遊ぶ前はどうやって進めるのか分かりませんでしたが、クリックでゲームが進んでいくのが分かって楽しかったです。単なるシューティングゲームかと思いきや、クリック型のアドベンチャーゲームにシューティング要素が入っているみたいな感じで、すごくアイデアが詰められていますね。今後制作者さんがどのようにゲームを作っていかれるか分かりませんが、今のシューティング要素は残しつつ、完全にアドベンチャーゲームに振っちゃって良いと思います。PC画面で完結するようなアイデアが入れ込まれると、より一層面白いゲームになるんじゃないでしょうか。完成が楽しみですね。

 

ゲスト審査員賞発表!

いそぴー決め手は何でしょうか。

片山ゲームのインパクトと今後の伸びしろ・アイデアの深度が今回の決め手かなと思いますね。もちろんどの作品も素晴らしかったですが、真っ先に「遊んでみたい!」「買います!」と思ったのが『MaliceBuster』でした。

本内容はこちらからご覧いただけます。

今週のED曲「♪Snowlight/廣瀬友輝」

今回の放送で使用されたED曲は、廣瀬友輝さんの「Snowlight」でした。今後の放送でも「ゲームクリエイター甲子園」に応募された作品から様々な曲をご紹介するので、そちらもどうぞお楽しみに!

片山さんからのお知らせ

片山我々講談社では「ゲームクリエイターズラボ」というプロジェクトを行っています。

いわゆる漫画の持ち込みのように、“ゲーム持ち込み”を募集したり、3ヶ月に1回のゲームコンテストを開催したりと、様々なイベントを実施中です。

ゲームコンテストの大賞に選ばれたゲームは、講談社と共にゲーム制作を行わせていただきます。一緒に未完成の状態で持ってきていただいても構いませんので、ぜひそちらにもご応募ください!

◇クリエイターズラボ◇

ホームページ ▶ https://creatorslab.kodansha.co.jp/gcl/
Twitter ▶ @kodanshaGCL
YouTube ▶ @【公式】講談社クリエイターズラボ KODANSHA CREATORS’ LAB.

 ゲームクリエイターズギルドとは
ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成ができる仕組みづくりを日々模索しています。ゲームクリエイターズギルド 公式サイトはこちらから

GCGではゲームクリエイター甲子園の他にも、FB会などの甲子園関連コンテンツ、ゲームクリエイターを招いたトークイベント、企画書講座、就活相談など様々な活動をしています!

▼学生向けLINEの登録はこちらから!

新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!

新規CTA

GCG会員になると開催予定のスケジュールの確認やWEB会員証をゲットできます。

新規CTA

\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/