学生インディーゲームの祭典『ゲームクリエイター甲子園』エントリー受付中!

【ウマ娘で見る菊花賞】マンハッタンカフェやゴールドシップ、キタサンブラックも制した三冠最終戦を解説!

【ウマ娘で見る菊花賞】マンハッタンカフェやゴールドシップ、キタサンブラックも制した三冠最終戦を解説!

10月24日(日)に、阪神競馬場で菊花賞が開催されます!

クラシック三冠の最終戦となる菊花賞。ミスターシービー、シンボリルドルフなどの三冠達成や、マンハッタンカフェ、キタサンブラックなどの長距離適性のある馬の台頭、さらにセイウンスカイ、ゴールドシップなどのダービーから巻き返した二冠馬など、ウマ娘視点でも名馬・名勝負が多すぎて語りつくせないレースです。
今回は、菊花賞がどんなレースなのか、ウマ娘登場キャラクターを交えて徹底解説します!

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
わたしが解説します

▼過去のウマ娘記事はこちら!

ゲームクリエイターの楽屋でまったり by Game Creators Guild

ゲームクリエイターみんなで作る井戸端トークのゆるっとメディア…

菊花賞とは?

菊花賞は、例年であれば京都競馬場の芝3000mで開催されますが、今年は阪神競馬場での開催です。
京都競馬場は直線が平坦なので、4コーナーまでに位置を押し上げてスピードに乗った馬の決着になりやすいですが、仁川(阪神競馬場)には坂があります。
そのため、例年よりパワーのある馬が台頭しやすいように見えます。

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
もし今年のメンバーでゴルシが出走していたら、あのやらかしさえなければ間違いなく勝っていますね!

さらに、3000mは全馬にとって未知の距離。長距離適性と、非根幹距離の適性は問われるレースとなりそうです。

ウマ娘登場キャラで見る菊花賞

菊花賞を制したウマ娘(のモデルになった競走馬)たちは、総勢15人!

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
多すぎて全員紹介しきれん…
1983年 ミスターシービー
1984年 シンボリルドルフ
1988年 スーパークリーク
1990年 メジロマックイーン
1992年 ライスシャワー
1993年 ビワハヤヒデ
1994年 ナリタブライアン
1995年 マヤノトップガン
1997年 マチカネフクキタル
1998年 セイウンスカイ
2000年 エアシャカール
2001年 マンハッタンカフェ
2012年 ゴールドシップ
2015年 キタサンブラック
2016年 サトノダイヤモンド
楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
今回の菊花賞は、皐月賞馬もダービー馬もいないGⅠ馬不在のメンバー。
そこで、過去のGⅠ馬不在で行われた菊花賞の勝ち馬をご紹介します!

【1990年】メジロマックイーン


「天皇賞を勝つ」ことを至上命題として、長距離適性のある馬の配合を続けてきたメジロ牧場。
その徹底した長距離配合の末に生まれてきたのがメジロマックイーンです。
マックイーンは体質が弱く、デビューもクラシックシーズンの年が明けてからで、皐月賞とダービーには間に合わず。
それでも収得賞金の関係でギリギリ菊花賞の出走にこぎつけると、4コーナーで先頭に立つ強気の競馬で滑り込み出走が噓のような圧勝。
その後も、天皇賞春におけるライスシャワーやトウカイテイオーとの死闘など、引退まで長距離戦線を沸かせ続けました。

【1997年】マチカネフクキタル


菊花賞の時期に瞬間的な輝きを放ったのがこのマチカネフクキタル。
当時は菊花賞の施工時期が今より約1ヶ月ほど遅く、関西開催のトライアルレースとして京都新聞杯(現在は5月開催のダービートライアル)と神戸新聞杯がありました。
マチカネフクキタルは、まずトライアル1戦目の神戸新聞杯では逃げるサイレンススズカを差し切り勝ち。
続く京都新聞杯も制すると、迎えた本番の菊花賞でも3番人気の低評価を覆し、キレキレの末脚で快勝。見事菊の舞台でも福を招きました。

その後は怪我にも悩まされ、GⅡの2着が最高と勝ち星は挙げられず。菊花賞での輝きを最後に、6歳次の宝塚記念を終えて現役を退きました。

【2015年】キタサンブラック


GⅠ・7勝の名馬も、菊花賞を勝つまでは常に伏兵扱い。
関東でのトライアル・セントライト記念を制して菊花賞に向かいますが、母の父がサクラバクシンオーという血統が災いして5番人気の低評価。
それでも好位から直線で内をするすると抜け出し快勝すると、翌年以降は中長距離戦線でご存知の通りの大活躍。

ウマ娘でもひたむきで真っすぐな性格ですが、まさに優等生なレースぶりでGⅠを勝ちまくり、ターフを賑わせました。

今年の菊花賞の有力馬は?

ステラヴェローチェ

皐月賞・日本ダービーでともに3着と、世代上位の力を示し続けているステラヴェローチェ。

両レースの勝ち馬不在のメンバーと、フランスのタフな中距離戦線で活躍した父・バゴという血統背景から、おそらく1番人気に推されそうな1頭です。
ただ、ゲートも遅く後方から差し脚を伸ばすレーススタイルのため、勝ちきれるかというと疑問符はつきそうです…

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
適性はこんな感じ!

バ場適性 芝:A ダート:G

距離適性 短距離:G マイル:B 中距離:A 長距離:?

脚質適性 逃げ:G 先行:C 差し:A 追い込み:B

 

アサマノイタズラ

セントライト記念を制し、見事菊花賞への切符を掴み取ったアサマノイタズラ。
この馬の特徴は非根幹距離での強さと、最近のトレンド「母の父・キングヘイロー」という血統です!

1800mや2200mといったレースで強さを見せ、さらにピクシーナイト(GⅠ・スプリンターズステークス優勝)、ディープボンド(フランスGⅡ・フォワ賞優勝)など、近ごろさまざまな距離で結果が出ている母の父・キングヘイローという血統の持ち主です。

キングヘイローが短距離で活躍した馬だけに、3000mという距離は一抹の不安がありますが、1枠2番という好枠を活かしてロスなく立ち回れば怖い存在です!

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
適性はこんな感じ!

バ場適性 芝:A ダート:G

距離適性 短距離:G マイル:B 中距離:A 長距離:

脚質適性 逃げ:G 先行:B 差し:A 追い込み:B

ヴェローチェオロ

ステラヴェローチェと同じ馬主さんが所有するヴェローチェオロ。
父・ゴールドシップは説明不要、母の父は不良馬場の安田記念を圧勝したタイキシャトルと、いかにもタフな消耗戦に強そうな血統です。

2歳の頃から強い相手と戦ってきた経験もあり、長距離レースらしい消耗戦となった場合には怖い穴馬です!

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
適性はこんな感じ!

バ場適性 芝:A ダート:G

距離適性 短距離:G マイル:B 中距離:A 長距離:?

脚質適性 逃げ:G 先行:B 差し:A 追い込み:G

まとめ

ワネ
ワネ
今回のワネ予想はこちら!
◎ヴィクティファルス
○ステラヴェローチェ
▲レッドジェネシス

△タイトルホルダー
☆ディヴァインラブ
今回は春のクラシックを賑わせた強豪が不在で、いかにも穴馬の食い込みが見込めそうなメンバー。
中でも1800m戦で結果を出し、共同通信杯ではエフフォーリア(皐月賞馬)とシャフリヤール(ダービー馬)の間に割り込んだヴィクティファルスを本命にしました。

他には、牝馬ながら長距離適性を見込んで参戦してきたディヴァインラブをピックアップ。
スプリンターズステークスも制し、近年のGⅠ戦線でノッている福永騎手とのコンビも魅力です。
これらの穴馬から上位人気馬に流して、ウマい馬券を掴み取りたい…!
ワネ
ワネ
ぜひみなさんも馬券を買って、好きな馬を応援してみては?

普段はこんな活動をしています

▼「ゲームクリエイター甲子園 2021」エントリー開始!

ゲームクリエイターズギルド公式サイト

ゲーム制作に携わる学生クリエイターの可能性を最大化するゲームコンテスト。それが「ゲームクリエイター甲子園」です!いつでも…

▼学生向けLINEの登録はこちらから!
新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!
新規CTA

▼イベントやコミュニティ等はディスコード!

\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/