学生インディーゲームの祭典『ゲームクリエイター甲子園 2021』エントリー受付中!

『UXデザイン思考から学ぶゲーム制作』【イベントレポ】

10/12開催!「UXデザイン思考から学ぶゲーム製作」

オープニング:19:30~
第一部 UXって結局なんなの?:19:40〜
第二部 UXについてのテーブルトークセッション: 20:20〜
第三部 まとめ:20:50〜

イベントの詳細はこちらから!

GCGで計画しているUXシリーズの記念すべき第一弾、そもそもUXって何?という講義会でした。軽くレポートしていきたいと思います!UX関連のイベントは全て、株式会社B.C.Members代表・西田悠貴氏を講師にお招きし開催していく見込みでいます。

ありっさ
ありっさ
10月12日に開催されたUXイベントについてレポしていこうと思います!

そもそもUXとは?

UXは展開するとUser Experience、ユーザー体験や経験という意味を指します。
即ちユーザーが体験し、認識したことそのものになります。

ゲームに置き換えると、何のためのゲームなのか、そのゲームがどうプレイヤーに認識されたいのか、きちんと伝えられるゲームになっているかが重要になります。

…とは言っても、いきなり理解するのは難しいですよね。一旦テーブルトークを挟んで、実践を通して考えてもらおうと思います!

UXについてのテーブルトーク

ここからはワークショップ形式で、Street Fighterを例に、参加者の方から
➀誰と遊びたいか
➁どこで遊びたいか
➂誰と遊んで欲しいか
④どこで遊んで欲しいか
への回答をチャットで募りました。

どんな回答でも拾って、反応をくれる西田さんに段々チャットも盛り上がっていきます。

ありっさ
ありっさ
「宇宙」って回答が乱立している…みんなネタに走っている…。笑

その後、似たような質問を比較して、ユーザー目線、クリエイター目線の回答の差について参加者の人たちに考えてもらいました。

結局UXとは?

UXの「認識」部分について大事なことは、制作者がユーザーにどう認識して欲しいか。もの作りはどうあるべきなのか、理想を考えて構築していく。そしてその理想に共感してくれたユーザーが創り出したコンテンツを使ってくれる。

例えばアマゾンは「全ての〇〇をAmazonで買う時代に」という理想の下通販事業を拡大してきました。掲げる理想に共感したユーザーはアマゾンで買い物をします。この様に、制作者が掲げた理想に対してユーザーがついてくる、その為にはUX設計が不可欠になってくる、というわけですね。

ありっさ
ありっさ
なるほど…!一種のブランディングですね。

参加者の方々も講義形式とテーブルトークを織り交ぜる事によって、UXの理解を深められたそうです。

参加者
参加者
UXは概要だけを知っていて、今まではとてもふわふわした認識でした。今回のイベントで意味を理解でき、とても勉強になりました。
オンラインで気軽に参加できるし、チャットで会話できるからカメラ、マイクを使わなくていいのは良かった。
参加者
参加者
参加者
参加者
考える時間を多く撮ってくれたことが良かった。

次のUXイベントにも参加しよう!

次回のUXイベントは既に開催されてしまったのですが、こちらも同様にレポートを上げます!

内容としては、1回目同様、西田さんを講師にお招きし、企画書の作り方について座学から実践まで1から学べる内容となっています!イベント前半では、UXの観点を交えた「理想の企画書の作り方」について講義、後半では、ワークショップ形式で「伝わらない企画書」を「理想の企画書」にみなさんで近づけていきます。

まだまだUXイベントは計画しているので、3回目には是非是非ご参加ください!

イベントは比較的オンライン、ディスコード上で開催される事が多いので、今後のイベントに興味がある方は以下のバナーより、Discordコミュニティへのご参加をお願いします!

 

その他、ゲーム業界で働きたい学生のためのお役立ち情報をお届け中!
説明会やイベント情報を最速でご案内します!

▽ゲームクリエイターズギルドSEED LINE

\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/