ゲームクリエイター熱血道場2022 #7|小澤至論氏登場!ゲスト審査員賞受賞作をご紹介!

ゲームクリエイター熱血道場とは

500作品以上が集まる学生ゲームコンテスト「ゲームクリエイター甲子園」の公式YouTube番組です。
毎回豪華ゲストが「ゲームクリエイター甲子園 2022」に提出されたゲーム作品を実際にプレイ&講評。この番組で取り上げた作品は、2022年12月17日(土)に発表される「ゲームクリエイター甲子園 2022」の総合大賞にノミネートされます。

思わずゲストも唸ったクリエイター渾身の作品をとくとご覧あれ!「ゲームクリエイター熱血道場」は、毎週金曜日21時から配信中!

ゲームクリエイター甲子園公式サイト ▶ https://game.creators-guild.com/gck2022/
作品掲載場所「みんなのゲームパレード」 ▶ https://gameparade.creators-guild.com/

出演者紹介

ゲスト審査員:小澤 至論(おざわ みちのり)

 

Twitter ▶ @oz_shiron

青森県出身。大学卒業後、大阪のゲーム会社へ入社。2000年にナムコ(当時)へ移籍後は、アニメーターとして『鉄拳』や『ソウルキャリバー』シリーズの開発に関わる。
2018年には『ソウルキャリバー6』において制作プロデューサーを務める。現在は同社の新人教育や学校での講演なども行っている。

宮田 大介(みやた だいすけ)

ゲームクリエイター熱血道場の道場主。株式会社オルトプラスのゲームアライアンス事業執行役員 兼 ゲームクリエイターズギルド主催。ゲームアライアンス事業部では、ゲーム会社同士のマッチングコミュニティサービスである「ゲームコミューン」や、ゲームクリエイターの相互教育コミュニティである「ゲームクリエイターズギルド」、ゲームのマーケティング事業等、ゲーム業界を活性化するための新規事業の立ち上げを行っている。

副道場主:いそぴー

ゲームクリエイター熱血道場の副道場主。
ソーシャルゲーム黎明期からディレクター、プロデューサーとして数々のIPタイトルを牽引。 現在はゲーム業界専門キャリアコンサルタントとして人材採用、育成に携わる。

 

週間新着更新ランキング上位に輝いた2作品をご紹介!

「ゲームクリエイター甲子園 2022」に作品を提出し、ゲームジャンルで週間新着更新ランキング上位になった作品を発表します!
総勢987人、179作品の中から選ばれたのはどの作品でしょうか!?

2048対戦』 制作チーム:HOT

【作品紹介】
プレイヤーは交互にパネルをスライドさせて重ねることで得点をゲットできる。相手よりも先に目標の点数を獲得して勝利を目指せ!このゲームは友達と2人でわいわい遊ぶをコンセプトに、スマホを持っている多くの人は遊んだことのあるはずのパズルゲーム、2048から着想を得て制作した対戦パズルゲーム。相手の2,3手先を読む奥深さ、得点を大量に獲得できたときの爽快感がたまらないゲームになっています。特殊な効果パネルやゲームモードは順次追加予定なのでお楽しみに!

【小澤さんの講評】
対戦モードで交互にプレイした際、昔によく見た将棋会館にいる人みたく、スマホの画面を覗き込みながら自然と考え込むポーズを取っていたんですよね。この角度になっていることに自分で気付いて、初めてそこで「あ、俺ハマってるな」って思いました(笑)。本当に面白かったです!改善点を挙げるとすると、演出ですかね。ポイントの高い宝石を破壊したときの演出をもう少し豪華になると、より達成感を味わえますし、宝石を破壊された対戦相手もより悔しさを感じるんじゃないかと思います!今後はアイテムの実装が予定されているそうなのですが、オンラインで相手のアイテムが見えないようなモードがあると面白そうですね。

 

ムズムズッ!もぐらバスター』 制作チーム:株式会社もぐらバスターズ

【作品紹介】
『ムズムズッ!もぐらバスター』は、コントローラーに伝わる振動の強さでもぐらを探し当て、退治する3Dアクションゲームです。プレイヤーは新米もぐらバスターとしてとある村に派遣されます。その村はもぐら達によって荒らされてしまっていました。平和な村を取り戻すため、たくさんのもぐらを探知ハンマーで退治し、最高のもぐらバスターをめざしましょう!
【小澤さんの講評】
まずゲームとしての完成度が高いのと、ルールを聞いたときに「遊んでみたい!」と思わせてくれるゲームだなと思いました。コントローラーの振動の強弱でもぐらを探し当てる、という着眼点も良いですね。実際にプレイしてみて「足元にもぐらがいる!」と、ドキドキしながら見つけるのが面白いですし、退治したときに“悦”に浸れるのが良かったです! もぐらを退治するためのアイテムにもユーモアがあって、思わず「ふふっ」となるような演出があって、本当に完成度が高いと感じました!本選に向けての改善点としては、スティックの傾きの深さだけで「歩く・走る」を切り替えられる、といったように、よりシンプルな操作感になると良いんじゃないかと思います。

 

小澤さんが推薦した作品とは?

厳選された作品の中からゲスト審査員の小澤さんが推薦した作品がこちら!

トントンブレイク!』 制作チーム:Rice Cake Rabbits

【作品紹介】
トントンブレイク!は、主人公のお餅が、ハンマーを使い、オブジェクトの素材を判別、破壊しゴールである扉への道を切り開く3Dパズルアクションゲームです。ハンマーを使い叩いて音を聞くことで、オブジェクトの素材を確かめることが可能です。一見硬くて壊せそうにないオブジェクトも「感触」を確かめることで、「これ、壊せそう!」という新たな気づきを得ることができ、ゴールへの道を導き出すことができるようになります。
【小澤さんの講評】
音と見た目のギャップを使ったテレビゲームって、まだ地球上に無いんじゃないかな……。こういう“初めてのこと”に挑戦された心意気に、とても感服しました!もう一つ驚いたのが「もし自分がこのゲームの企画だったら」と妄想したときに「こういうギミックがあると面白いだろうな」と思っていたものが見事に実装されていたんです! 企画力が完璧ですね!こちらも先ほどと同じように、ものを破壊する際のアクションをスティックの傾きの深さだけで変えられるとより良くなると思います。

また、“音”に関するあらゆるトリックを盛り込むとさらに広がりのあるゲームになりそうですね。例えば「雨が降っていて、アスファルトの一部だけ雨粒が当たる音が違う」といったように、既に鳴っている音の違いで破壊できる場所が判別できると面白いかな、と思いました。

 

ゲスト審査員賞発表!

宮田決め手は何でしょうか。

小澤完成度の高さ、ですね。実際に遊ばせてもらったときの第一声が「これ、売ればいいと思う」だったんですよ。今このゲームを買って家で遊びたい、と思えるくらい。初めて見たときに「プロが作ったんでしょ?」って勘違いしちゃいましたもん!(笑)。

グラフィックやゲーム性、アイデア全てが揃っていたので、今回は『ムズムズッ!もぐらバスター』を選ばせていただきました。

本内容はこちらからご覧いただけます。

今週のED曲「♪EXTREMITY -Hyper Nova/すーぴあ」

の放送で使用されたED曲は、『Hyper Nova』より「EXTREMITY」でした。今後の放送でも「ゲームクリエイター甲子園」に応募された作品から様々な曲をご紹介するので、そちらもどうぞお楽しみに!

小澤さんからのお知らせ

小澤2022年の5月末にSteamで『Goonect』をリリースしました!

このゲーム、実は弊社の新人研修で制作されたものなんです。弊社では新人の方にゲーム制作からリリースまでをやってもらう、まさに「プロの登竜門」のような研修を行っていて、今年入ったメンバーに制作してもらいました。

皆さんもぜひ、ゲーム制作の参考にプレイしてみてください!

小澤さんのインタビュー記事はこちら

「鉄拳」「ソウルキャリバー」のアニメーターから『小澤P』になっていた話【クリエイターヒストリア#9 前編】

 ゲームクリエイターズギルドとは
ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、 ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、 クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成が出来る 仕組みづくりを日々模索しています。
ゲームクリエイターズギルド 公式サイトはこちらから

GCGではゲームクリエイター甲子園の他にも、FB会などの甲子園関連コンテンツ、ゲームクリエイターを招いたトークイベント、企画書講座、就活相談など様々な活動をしています!

▼学生向けLINEの登録はこちらから!

新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!

新規CTA

GCG会員になると開催予定のスケジュールの確認やWEB会員証をゲットできます。

新規CTA

\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/