インディーゲームの祭典『Indie Games Connect』にてクリエイターさんインタビュー! part.3

Indie Games Connect 2022」が6月26日(日)にコナミクリエイティブセンター銀座で開催されました。
60ブース・72タイトルが出展され、インディーゲームの開発者と直接話せて遊べる貴重な機会です。楽またメンバーで体験してきました!

▼(URLはpart1.2公開後変更)

part1はこちらから!

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、6月26日(日)に開催するインディーゲーム展示会「Indie Games Connect 2022(以下、IGC2022)」に関し、会場で出展されるゲーム作品・サークルの発表、およびゲーム開発者向[…]

part2はこちらから!

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、6月26日(日)に開催するインディーゲーム展示会「Indie Games Connect 2022(以下、IGC2022)」に関し、会場で出展されるゲーム作品・サークルの発表、およびゲーム開発者向[…]

 

出展ブースやイベント詳細

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、6月26日(日)に開催するインディーゲーム展示会「Indie Games Connect 2022(以下、IGC2022)」に関し、会場で出展されるゲーム作品・サークルの発表、およびゲーム開発者向[…]

体験した作品をご紹介!(ブース番号順)

ブースNO.43_ハルモニアハート

ジャンル: コマンドバトルRPG
タイトル: ハルモニアハート
制作者: 龍獣楽団 @RyujuOrchestra

──どうして作ろうと思ったのですか。

たくさんRPGが世の中に出ていますが、痒いところを全部解決したいという思いで誕生しました。
プロジェクト最初の更新が2019年の元日で、開発に3年以上かかりましたが、かなり満足のいくものが出来ました。土日はしこたまこのゲームに費やして、今回お披露目が出来て大変満足です。

──こだわりポイントについて教えてください。
ストーリーはワクワク、バトルはドキドキするものになっています。ストーリーは段々と「この世界って何だったんだろう」というところに至ります。骨太なところもありますが、ゆるふわでありたいという感じです。

ブースNO.48_nature prhysm

見た目は単純な4レーンの音ゲーですが、大きな特徴があります。それは色に合わせて叩くことです。

赤緑青以外の音符は光の色を混ぜて叩きます。色の認識を行うことが楽曲攻略の鍵となります。

ジャンル: 音楽ゲーム
タイトル: nature prhysm
制作者: nature prhysm @nature_prhysm

──モチーフが天気でかわいらしいですね。

天気や自然をテーマに作りました。楽曲も自分で作っています。リザルト画面では上手くプレイするほど天気が良くなっていきます。

──自作のコントローラーですか。

実は初代はティッシュ箱で作ったものになっています。
今はPCでキーボードを使って遊べるようにしていますが、なるべくこのオリジナルのコントローラーを使ってほしいという思いがあるので、量産して販売が出来たら面白いなと思っています。

ブースNO.51_トラブル☆ウィッチーズ Origin~アマルガムの娘たち~

『トラブル☆ウィッチーズ』2007年に同人ゲームとして登場し、アーケード、コンシューマへと移植を重ねるごとに進化していった、コミカル魔女っ子STG。

追加: 2016年に、フルHD化し、総勢10キャラクターの魔女が登場。それぞれにはストーリーモードがある。ゲームモードも豊富で、アーケード、ストーリー、チャレンジモード他、2012年のAC版も収録。一度では遊びきれない圧倒的なボリュームでお送りします。

ジャンル: コミカル魔女横スクロールシューティング
タイトル: トラブル☆ウィッチーズOrigin ~アマルガムの娘たち~
制作者: 株式会社ロケットエンジン

敵を倒しながら進むとショップに入れて、より強い攻撃法を入手でき、爽快感ばつぐんのシューティングゲームでした!

 

ブースNO.54_Puzzle Action Rogue

ダンジョンに潜るプレイヤーをブロックで道を作りながら導いていくスマホ向けゲーム。
パズル、アクション、ローグライク要素を取り入れている。
レベルアップしステータスを上げることで特殊能力を覚え、その能力を駆使しながら深く深く潜っていく。
クエストは様々で、難度の高いクエストは難しい物が好きなプレイヤーを虜にしてくれるはず。。

ジャンル: パズルアクション
タイトル: Puzzle Action Rogue
制作者: Alom @Alom2020

──どうして作ろうと思ったのですか。

パズルとアクションとローグライクを混ぜたようなゲームです。開発期間は1年半です。実はこれの前身のゲームをニコニコのゲームアツマールというWebのゲームができるサイトに出したところ賞を受賞したことをきっかけに、このゲーム面白いかもとスマホ版を作りました。

──普段のお仕事もゲーム関係ですか。
いえ、エンジニアですが、ちょっとゲームをやってみたいなと思ってゲームを作ってみました。
この作品は6月末にリリースを予定しています。iOSは7月頃を予定しています。難しいゲームが好きな方に遊んでいただきたいですね。

ブースNO.55_マジカオス/MAGICCHAOS

マジカオス(MAGIC CHAOS)は、アニメと対戦ゲームが大好きな私たちが世に送り出す、今までにない最大4人対戦の弾幕シューティングゲームです。プレイヤーは魔女となり、かわいらしい世界で激しい弾の応酬を繰り広げます!あなたは最後まで生き抜けるか?

ジャンル: オンライン対戦弾幕シューティングゲーム
タイトル: マジカオス / MAGIC CHAOS
制作者: SUPER STARMINE  @magicchaos_ssm

デザインを担当している方に伺いました。

──ゲームのこだわりについて教えてください。

今回はメンバーのやりたいことをやるということを重視していて、これまではプランナー1人が決めた仕様に則ってやっていました。今回はみんなで話し合いながら、企画を決めて、ゲーム制作を楽しみながら作品をブラッシュアップしてきました。

色をたくさん使って明るくポップな感じを出しつつも、色がありすぎてごちゃつかないようにしました。大切にしているのは1つの画面で楽しい雰囲気が伝わるようにということを意識しています。

──どんな人に遊んでほしいですか。

対戦ゲームが好きな人が気軽に遊べる対戦ゲームとして遊んでくれたらうれしいです。弾幕ゲームの入り口として手軽に遊んでもらえたらいいですね。

 


 

完!


まとめ

Indie Games Connect、当日は入場制限が行われるほどの大盛り上がりでした。
どのクリエイターさんもお話がしやすく丁寧にゲームについてご説明いただきました。
今年は各地でインディーゲームの展示会が予定されているので楽しみですね!

 

そして、インディーゲームといえば…! 「みんなのゲームパレード」もよろしくお願いします!
「みんなのゲームパレード」は、日本中の開発中ゲームのβ版が集まるサイトです。
その第一弾として学生インディーゲームの祭典『ゲームクリエイター甲子園』と連携して、期待の若手の作品が続々と掲載されていきます。掲載された作品の一部は、実際にダウンロードして遊ぶことができます。

開発中のゲームが集まるサイト「みんなのゲームパレード」オープン!

 


椎名木るかちゃんもイベントの様子をお伝えします!

https://youtu.be/PQNMb8gO054

ゲームクリエイターズギルド公式YouTubeチャンネルでイベント風景や試遊体験をお届け予定です。
ほかにもゲームクリエイターにとってためになる情報を配信しているので、ぜひチャンネル登録お願いします!


椎名木るかのTwitterもよろしくお願いします!
ゲーム制作に役立つイベント・ツール・技術などるかちゃんが発信します。



GCGではゲームクリエイター甲子園の他にも、FB会などの甲子園関連コンテンツ、ゲームクリエイターを招いたトークイベント、企画書講座、就活相談など様々な活動をしています!

ゲーム業界に関する様々なことをLINEやディスコードで発信しているので、気になった方はご登録ください!

▼学生向けLINEの登録はこちらから!
新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!
新規CTA

 ゲームクリエイターズギルドとは

ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、
ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、
クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成が出来る
仕組みづくりを日々模索しています。
ゲームクリエイターズギルド 公式サイトはこちらから
\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/