[ゲーム業界の就活]疑問に答えます!「プランナーとプログラマー、どちらを目指すか」

ゲーム業界を目指す学生、現役クリエイターのキャリアデザインを応援するゲームクリエイターズギルド。Twitterでは、就活やスキルアップ、キャリア設計に役立つ情報を発信しています。
中でも #マシュマロを投げ合おう では、就活に関連する質問に答えています。

ここでは、送られた質問とその回答を掲載するとともに、もう一歩踏み込んだアドバイスや役に立つ情報をお届けします。就活生は必見!

 

就活アカウント(@game4jobhunter)の中の人、毛玉がお答えします。
コンソール・モバイル・ソシャゲと3社でゲーム業界歴16年の人事。ゲームプログラマ経験もあり。IT・Web会社での経験もあり、広くデジタル系就活を知る国家資格キャリアコンサルタント。

 

ゲーム業界を志望している大学生です。プランナーとプログラマどちらを目指すか迷っています。入社時にプログラマでキャリアの途中から企画職に軌道修正することはできるのでしょうか? また、最初からプランナーをやっている人との違いもお聞きしたいです。

 

前線で活躍しているプランナーはプログラマやデザイナからジョブチェンジした方多いですよ。昔はプランナーは新卒採用せず開発から育てる会社もありました。開発仕様を理解した上でのプランニング、ライブラリ・エンジンから企画できることが強みです。

プログラマー出身のプランナーは現場で歓迎されます

 

ご自身のやりたいことを選ぶのが一番ですが、迷っているのであれば、プログラマーをお勧めします。プランナーもさまざまな役割がありますが、企画・仕様の作成や、社内外折衝などが多く、実際の開発はデザイナーやプログラマーが担当し、ゲーム開発作業自体に触れないことも多い仕事です。そのため、開発経験を積んで、システム仕様を理解したり、技術面から企画立案できるのは強みになります。

ゲーム開発はシステム開発。プログラミングはロジックで組み立てられ、キャラクターの挙ひとつを取ってみても、座標をを一つひとつ組み合わせて積み上げることでゲームの面白さにつなげていきます。プログラマーであれば、プランナーに求められる地道な積み上げを自然にやることになります。

ゲーム開発の現場を見てもプログラマー出身者は多く、また現場の開発スタッフからも歓迎されがちです。「現場のことを分かっているプランナー」と「現場のことが分からないプランナー」では大違いで、プログラマー出身であれば仕様や開発工数を理解した上で発言できるため歓迎されます。

また、一般的にプログラマーの方が採用されやすいです。プランナーよりプログラマーの方がチームに人数が必要なため、採用数が多いのです。またゲーム開発以外のIT企業への転職が可能です。一方でプランナーはゲーム業界以外に同じような仕事が少なく、転職でスキルやキャリアが途切れてしまう難しさもあります。一生ゲーム業界で頑張る強い意志、大事。

それでもシナリオを作りたい、ストーリーや世界観を作りたいのであれば、最初からプランナーを目指すのが近道です。やはり一番大事なのは「自分が何をやりたいか」なので、無理をしてプログラマーを目指すのはお勧めしません。プランナーも仕事内容によって求められるものが異なります。例えばソーシャルゲームのプランナーはKPIを追うために数字の知識を求められるので、経済やビジネスを専攻している学生が優遇されます。学生のうちから目指すプランナーに必要な能力を今から磨いておきましょう。

 

▼マシュマロを投げたい方

 


GCGではゲームクリエイター甲子園の他にも、FB会などの甲子園関連コンテンツ、ゲームクリエイターを招いたトークイベント、企画書講座、就活相談など様々な活動をしています!

ゲーム業界に関する様々なことをLINEやディスコードで発信しているので、気になった方はご登録ください!

▼学生向けLINEの登録はこちらから!
新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!
新規CTA

 ゲームクリエイターズギルドとは

ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、
ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、
クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成が出来る
仕組みづくりを日々模索しています。
ゲームクリエイターズギルド 公式サイトはこちらから
\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/