学生インディーゲームの祭典『ゲームクリエイター甲子園』エントリー受付中!

【ウマ娘で見る天皇賞・秋】スペシャルウィークやエイシンフラッシュ、キタサンブラックも制したGⅠレースを解説!

【ウマ娘で見る天皇賞・秋】を解説!

10月31日(日)に、東京競馬場で天皇賞・秋が開催されます!

過去にも多くの名勝負が繰り広げられた天皇賞・秋。サイレンススズカの悲劇や、エアグルーヴ、ウオッカなどの男勝りな牝馬たちの台頭、さらに初GⅠ制覇を遂げたトーセンジョーダンや久々の勝利となったエイシンフラッシュなど、ウマ娘視点で語りつくせないレースです。
今回は、天皇賞・秋がどんなレースなのか、ウマ娘登場キャラクターを交えて徹底解説します!

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
わたしが解説します

▼過去のウマ娘記事はこちら!

ゲームクリエイターの楽屋でまったり by Game Creators Guild

ゲームクリエイターみんなで作る井戸端トークのゆるっとメディア…

天皇賞・秋とは?

天皇賞・秋は、東京競馬場の芝2000mで開催されます。
コースの最大の特徴は、スタートしてすぐ2コーナーがあること。
隊列が決まる前にコーナーに入るので、距離ロスの少ない内枠が圧倒的に有利。
逆に、内を引いてもダッシュがつかないと、位置取りを下げて外を回す苦しい競馬になってしまいます。

ウマ娘登場キャラで見る天皇賞・秋

天皇賞・秋を制したウマ娘(のモデルになった競走馬)たちは、総勢13人!

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
今回も多すぎて全員紹介できず…
ゆるして理事長…
1984年 ミスターシービー
1988年 タマモクロス
1989年 スーパークリーク
1990年 ヤエノムテキ
1997年 エアグルーヴ
1999年 スペシャルウィーク(★)
2000年 テイエムオペラオー
2001年 アグネスデジタル
2004年 ゼンノロブロイ
2008年 ウオッカ(★)
2011年 トーセンジョーダン
2012年 エイシンフラッシュ(★)
2017年 キタサンブラック(★)
楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
今回は★印の馬について紹介します!

【1999年】スペシャルウィーク


ご存知ウマ娘の主人公、スペちゃんことスペシャルウィーク。
ダービーも制しており、キャリアを振り返れば17戦10勝(うちGⅠ・4勝)と超名馬です。

しかし、同世代のセイウンスカイ、エルコンドルパサー、グラスワンダーに負けた印象が強く、天皇賞・秋まで2連敗中だったことから、レース出走前の評価はそこまで高くありませんでした。

レースでは、4番人気の低評価を覆す末脚でなんとレコード勝ち。
実況も「なんとスペシャルウィーク!!」と何かと不安視される中で、みごと天皇賞春秋連覇を達成しました。

【2008年】ウオッカ


今なお多くの媒体で語られる名勝負が、ウオッカとダイワスカーレットが戦ったこのレース。

安田記念で1年ぶりの勝利を挙げ復調気配を見せていたウオッカと、大阪杯以来の7か月の休み明けで迎えたダイワスカーレット。
レースでは、若干掛かり気味で逃げたダイワスカーレットを各馬が追う展開。

久々のレースで力みを見せたダイワスカーレットに、直線半ばでウオッカが並びかけてかわすか、と思ってからが長かった。
粘りを見せて差し返すダイワスカーレットに、差し切ろうとするウオッカ。

2頭がまったく並んだように見えたところがゴール板でしたが、13分に及ぶ写真判定の末、2cm差でウオッカの優勝。

さらに同タイムのクビ差3着には、同年のダービー馬ディープスカイが入るなど、歴史に残る大熱戦となりました。

ワネ
ワネ
ダイワスカーレットに騎乗していたた安藤元騎手のコメントもいいね!

【2012年】エイシンフラッシュ


ダービーを制してから、およそ2年半も勝利から遠ざかっていたエイシンフラッシュ。
宝塚記念や有馬記念などで馬券に絡む活躍はあるも、なかなか勝ち星だけが遠い。

そんな中挑んだ天皇賞秋では、失速した逃げ馬を交わすために各馬が外に進路をとる中、エイシンフラッシュだけが内ラチ沿いをピッタリ回る攻めのコース取り。
※通常、差し馬は内側にコース取りすると進路がなくなり詰まりやすい

豪快に差し切り、みごと復活の勝利を遂げました。

【2015年】キタサンブラック


台風でぐちゃぐちゃの不良馬場の中行われたこの年の天皇賞・秋。
前走の宝塚記念で9着とまさかの大敗を喫したキタサンブラックですが、ここでも1番人気に推されます。

しかし、ゲートが開くと逃げ馬として痛恨の出遅れ。
前述の通りスタート後すぐにコーナーのあるコースのため、誰もが「キタサンブラックは終わった…」と思いました。

ただ、キタサンブラックの背にまたがるのは名手・武豊。
じわじわと位置取りを上げ、4コーナーでは2番手まで押し上げると、直線は馬場のよいところを選びながら走らせ、サトノクラウンの猛追をクビ差しのいで優勝。

名手のエスコートに見事応え、天皇賞春秋連覇を達成しました。

今年の天皇賞・秋の有力馬は?

今年は抜けた人気の馬が3頭出走!

コントレイル

昨年、無敗でのクラシック三冠を達成したコントレイル。

同年のジャパンカップでは、完調ではないながらも、最強牝馬・アーモンドアイの2着と検討。
しかし、今年初戦となった大阪杯では、重馬場に泣き3着に終わります。
さらに、続く宝塚記念も疲れが抜けず回避。三冠達成以降は1年ほど勝利がありません。

そんなコントレイルですが、距離・コースともに最も実力を発揮できそうなコースがこの東京・芝2000m。
年内で引退のため、陣営の士気も非常に高いです。

ただ、有利な1番枠を引き当てたものの、同じ1番を引いた皐月賞ではダッシュがつかず遅れる場面も…
昨年のように先団につけるレースができるかは未知数で、ゲートが開いてからのほんの数秒が大きなカギとなりそうです。

あとは天気。当日雨が降るかどうかは最後まで気にしたいところ。

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
適性はこんな感じ!

バ場適性 芝:A ダート:G

距離適性 短距離:G マイル:B 中距離:S 長距離:C

脚質適性 逃げ:G 先行:A 差し:A 追い込み:C

 

グランアレグリア

マイル・短距離路線でGⅠ・5勝を挙げているグランアレグリア。
今年初戦となった大阪杯で初の2000m戦に挑むも、雨でタフな馬場に苦しみ4着敗退。

次走のヴィクトリアマイルで圧勝、さらに安田記念では進路のないところから猛然と追い込むも2着までと、終始強さを見せる内容で再び2000m戦に挑みます。

夏場にノドの手術をした影響も気になるところですが、果たして距離は持つのかどうか。
短距離・マイル・中距離のGⅠをすべて制すれば史上初。快挙に怪物牝馬が挑みます。

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
適性はこんな感じ!

バ場適性 芝:A ダート:G

距離適性 短距離:B マイル:S 中距離:C 長距離:G

脚質適性 逃げ:G 先行:A 差し:A 追い込み:B

エフフォーリア


今年の皐月賞を無敗で制したエフフォーリア。
人気を集めて迎えたダービーでは、有利な1番枠を引くも、3~4コーナーで行き場をなくし後退するロスが響いて2着。
しかし、早めに外に出して追い出すも最後まで粘っており、強さは見せていました。

今回はダービーで屈したシャフリヤールをちぎり捨てたコースに近い、東京・芝2000m。
ゲートの出もよく、先行して優等生なレースのできる馬だけに、重視は必須でしょう。

さらに、鞍上は先週の菊花賞を逃げ切りで制した横山武史騎手。
勢いに乗る鞍上のエスコートにも期待です!

楽屋一の競馬狂・ワネ
楽屋一の競馬狂・ワネ
適性はこんな感じ!

バ場適性 芝:A ダート:G

距離適性 短距離:G マイル:B 中距離:A 長距離:?

脚質適性 逃げ:G 先行:A 差し:A 追い込み:G

まとめ

ワネ
ワネ
今回のワネ予想はこちら!
◎ポタジェ
○エフフォーリア
▲コントレイル

△グランアレグリア
今回は、カンカン照りの良馬場なら人気3頭で決まるレース。
しかし、そう簡単には行かないのが競馬。3強のどれかに先着するなら前にいる馬と考え、キャリア11戦すべてで馬券内の堅実派・ポタジェを本命にしました。

3強の中ではエフフォーリアを最上位評価。
グランアレグリアとコントレイルももちろん軽視は禁物ですが、馬券妙味からポタジェとエフフォーリアの馬連とワイドで勝負します!
※選んだ2頭が両方3着までに入ると当たり、両方2着までだと大当たり!
ワネ
ワネ
ぜひみなさんも馬券を買って、好きな馬を応援してみては?

普段はこんな活動をしています

▼「ゲームクリエイター甲子園 2021」エントリー開始!

ゲームクリエイターズギルド公式サイト

ゲーム制作に携わる学生クリエイターの可能性を最大化するゲームコンテスト。それが「ゲームクリエイター甲子園」です!いつでも…

▼学生向けLINEの登録はこちらから!
新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!
新規CTA

▼イベントやコミュニティ等はディスコード!

\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/