ゲームクリエイター熱血道場2022 #2|“マルチアホクリエイター”山下さん登場!ゲスト審査員賞受賞作をご紹介

ゲームクリエイター熱血道場とは

500作品以上が集まる学生ゲームコンテスト「ゲームクリエイター甲子園」の公式YouTube番組です。
毎回豪華ゲストが「ゲームクリエイター甲子園 2022」に提出されたゲーム作品を実際にプレイ&講評。この番組で取り上げた作品は、2022年12月17日(土)に発表される「ゲームクリエイター甲子園 2022」の総合大賞にノミネートされます。

思わずゲストも唸ったクリエイター渾身の作品をとくとご覧あれ!「ゲームクリエイター熱血道場」は、毎週金曜日21時から配信中!

ゲームクリエイター甲子園公式サイト ▶ https://game.creators-guild.com/gck2022/
作品掲載場所「みんなのゲームパレード」 ▶ https://gameparade.creators-guild.com/

出演者紹介

ゲスト審査員:山下 諒

Twitter ▶ https://twitter.com/chiemin1063
「真面目に不真面目」をモットーに生きる“マルチアホクリエイター”。
映像制作/ドット絵/パフォーマンス/イベント主催などを手掛ける。ジャンルに囚われず、様々な手法で「あっ」と驚かせ、笑わせることが大好物。

【活動実績】
モスバーガーWebCM トムブラウン『超合体漫才』篇
ポプテピピック 『Pop team 8bit』パート
NHK 名曲アルバム+「花のワルツ〜”くるみ割り人形”から」
クリエイターオンライン花火大会 主催
自称天使系アイドルクリエイティブユニット『ティーナ族』 プロデュース

道場主:宮田 大介

ゲームクリエイター熱血道場の道場主。株式会社オルトプラスのゲームアライアンス事業執行役員 兼 ゲームクリエイターズギルド主催。ゲームアライアンス事業部では、ゲーム会社同士のマッチングコミュニティサービスである「ゲームコミューン」や、ゲームクリエイターの相互教育コミュニティである「ゲームクリエイターズギルド」、ゲームのマーケティング事業等、ゲーム業界を活性化するための新規事業の立ち上げを行っている。

副道場主:いそぴー

ゲームクリエイター熱血道場の副道場主。
ソーシャルゲーム黎明期からディレクター、プロデューサーとして数々のIPタイトルを牽引。 現在はゲーム業界専門キャリアコンサルタントとして人材採用、育成に携わる。

GCG公式VTuber:椎名木 るか

Twitter ▶ https://twitter.com/Gamecreators_G
今回初参戦!
自分でゲームを作って大金持ちになることを夢見るVTuber。
「ゲームは面白い、ゲームを作る人はもっと面白い」をモットーに、ゲームクリエイターに役立つ情報をGCG広報として発信するために活動中。ホラゲー大好きネコ派。

週間新着更新ランキング上位に輝いた2作品をご紹介!

「ゲームクリエイター甲子園 2022」に作品を提出し、ゲームジャンルで週間新着更新ランキング上位になった作品を発表します!

CODE_Alice』 制作チーム:ミナラクターン

【作品紹介】
不思議な世界に迷い込んでしまった少女「アリス」…。なんとそこは、プログラミングで魔法を詠唱する世界だった!?3択穴埋めクイズに答えて詠唱(プログラミングコード)を完成させ、敵を倒そう!!【クイズに答えてLet’sプログラミング!!】
【山下さんの講評】
“不条理ギャグ”みたいな作品で、着眼点が面白い! でも、そんな不条理ギャグをちゃんと楽しみながらプログラミングを学べるので、すごく完成度が高いと思いました。「笑い」には答えが無いから、ギャグ作品を作るのはすごく難しいんです。でも、もし笑いを追及していくのであれば「めちゃくちゃ真面目に作られているけど、世界観はおかしい」のように、あえて真面目ポイントを作ってその上で“おかしさ”を生み出すのもアリかなと思います。

Forklore』 制作チーム:焼きそば風サンドイッチ

【作品紹介】
本作は「ぶっ刺す」「飛び回る」というアクションを楽しむ3Dアクションゲームです。視覚的にも操作感的にも何をしても感触がいいアクションができる点が本作の最大の強みです。個性的なグラフィックやジャズ調の音楽とともに、今までにない“新感触ぶっ刺しアクション”をぜひお楽しみください。
【山下さんの講評】
これ、えげつないですよ。すっごい完成度! まずゲーム性がシンプルだけど奥深い。完全に自分好みで“ぶっ刺さり”ました!使うボタンが少ないのに、しっかりアクションを楽しめるし、グラフィックも綺麗ですよね。ロゴやUIってどうしても二の次になってしまうことが多いんですが、この作品はちゃんと行き届いているので、プロの作品なんじゃないかなって思っちゃうくらい。純粋にゲームしていてクリアできなかったのがめちゃくちゃ悔しいです!(笑)

山下さんが推薦した作品とは?

厳選された作品の中からゲスト審査員の山下さんが推薦した作品がこちら!

音隠しの森』 制作チーム:みかんラビリンス

【作品紹介】
色々な音を鳴らせるステージで、インコと同じ音を探そう!・太鼓やタンバリンなど、楽器が好きな人におすすめ
・音感に自信がある人におすすめ
・背景の木や草むら、床などにも音が隠されているかも
【山下さんの講評】
映像作品って「音」の要素が作品の半分を占めているので、私自身も音にすごく敏感なんです。なので、今回は「音」に注目されて作られたこちらの作品を選出させていただきました。PVも音ハメが気持ち良いし、見ていて楽しそうですよね。これはゲームにも同じことが言えると思うんですけど、どれだけ映像だけにこだわっていても、例えばBGMがよく聞く曲調のものだったり、音が大きすぎたり小さすぎたりすると、途端にチープに聞こえるんですよね。でも、この作品はちゃんと音にこだわっているのでとても良かったです。

山下さんが紹介せずにはいられない、特別推薦の映像作品とは?

今回のゲストは映像作品に携わっている山下さんということで、今回は山下さんが「紹介せずにはいられない!」と思った映像作品をご紹介します!

After you.』 制作チーム:「After you.」製作委員会

【作品紹介】
貴族である主人公とその使用人が、本でしか見たことのない「海」を目指す物語です。PV風となっておりますが、ストーリーが理解できる構成になっていますので、物語も楽しみながら観ていただきたいです。アニメーションでしか表せない空気感や表現にこだわりました。主軸であるキャラクター達だけで無く、背景や小物にも力を入れていますので、細かな設定を見つけていただけると嬉しいです。
【山下さんの講評】
これ、クオリティ高すぎませんか…?(笑)。自分は美術大学のアニメーション専攻出身で、これまでにも学生さんの作品を沢山見てきましたが、高校生一人でこのクオリティの作品を作れるのはすごいです! まだ高校生で、しかも一人で作ってるなんて…。「すげえな、今の高校生」って思っちゃいました。今度はぜひチームで作ってほしいですね。チームをディレクションするとなると、指示出しの仕方とかで大変だとは思うんですが、上手く分担できればきっとより良い作品が生まれるはずなので。ディレクション能力を付けるためにも、ぜひチームで作ってみてほしいです!

ゲスト審査員賞発表!

椎名木かなり悩まれていましたが、決め手は何でしょうか。

山下映像制作をしている身からして「この高校生はヤバすぎる!」と思ったからですね。“ゲームクリエイター甲子園”という名を冠しているので、ゲーム作品を挙げるべきですし、他の三作品もすごかったんですが……。それでも今回は『After you.』に捧げたいです!

本内容はこちらからご覧いただけます。

今週のED曲「♪グルンぐるんスナイパー/ももんがアマービレ」

7月22日(金)の放送で使用されたED曲は、ももんがアマービレ さんの「グルンぐるんスナイパー」でした。今後の放送でも「ゲームクリエイター甲子園」に応募された作品から様々な曲をご紹介するので、そちらもどうぞお楽しみに!

山下さんからのお知らせ

山下最近Twitterのスペース機能を使って発信を行っていて、その一つとしてJ-CASTトレンドさんと一緒に進めている「#作リエイターズアトリエ(Twitter:https://twitter.com/jcast_trend)」という企画があります。

隔週水曜日に様々なクリエイターと対談形式でお話を伺って、その方のクリエイティブ人生を深堀りしています。クリエイターの為になるセミナーのようなスペースなので、気になる方はぜひご参加ください!

もう一つは完全に趣味でやっているスペースになるんですが……。私、実は自称天使系アイドルクリエイティブユニットの『ティーナ族』というアイドルをプロデュースしておりまして。隔週土曜日に「スペースホメヤ」という、ただひたすら人を褒める企画をやっております(笑)。我々が全力で褒め回すので「ゲーム作りに疲れたな……」と思ったら来ていただければと思います!

こちらの記事もチェック!

7月 月間部門賞インタビュー【ゲームクリエイター甲子園 2022】

┗ゲスト審査員賞を獲得した『After you.』を制作した方にインタビューしています。

第7回目の熱血道場ゲストは『ソウルキャリバー』シリーズにプロデューサーとして携わった 小澤至論氏登場

┗「クリエイターにチャレンジしてほしいこと」をインタビューしています。

 


 ゲームクリエイターズギルドとは
ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、 ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、 クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成が出来る 仕組みづくりを日々模索しています。
ゲームクリエイターズギルド 公式サイトはこちらから

GCGではゲームクリエイター甲子園の他にも、FB会などの甲子園関連コンテンツ、ゲームクリエイターを招いたトークイベント、企画書講座、就活相談など様々な活動をしています!

▼学生向けLINEの登録はこちらから!

新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!

新規CTA

GCG会員になると開催予定のスケジュールの確認やWEB会員証をゲットできます。

新規CTA

\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/