[ゲーム業界の就活]疑問に答えます!「インターンやアルバイトはどこで見つけられますか?」

ゲーム業界を目指す学生、現役クリエイターのキャリアデザインを応援するゲームクリエイターズギルド。Twitterでは、就活やスキルアップ、キャリア設計に役立つ情報を発信しています。
中でも #マシュマロを投げ合おう では、就活に関連する質問に答えています。

ここでは、送られた質問とその回答を掲載するとともに、もう一歩踏み込んだアドバイスや役に立つ情報をお届けします。就活生は必見!

就活アカウント(@game4jobhunter)の中の人、毛玉がお答えします。
コンソール・モバイル・ソシャゲと3社でゲーム業界歴16年の人事。ゲームプログラマ経験もあり。IT・Web会社での経験もあり、広くデジタル系就活を知る国家資格キャリアコンサルタント。

 

インターンやアルバイトなどはどこで見つけられますか?
アルバイト・インターンは会社のサイトに掲載、学校へ求人票を出していることが多いです。インターンはマイナビ2024、リクナビ2024にまとまって掲載されています。今はインターンのみですが、来年3月からは就活にもつながるので登録しておくと良いと思います。

今はオンラインのインターンやアルバイトもあります

インターンは就職活動の一貫としてマイナビやリクナビのプレ新卒向けサイトに募集が出ます。就活のはじまる前年の6月、2024卒なら2022年6月にオープンします。1Dayなど短期インターンシップが中心です。開発現場の仕事でなく、ワークショップなどが中心になりますが、現場で活躍している社員の方と直接話せるチャンスです。

アルバイトはゲーム会社でまとまって掲載される媒体がありません。マイナビバイトやFindjobといった一般バイト募集媒体に時々掲載されるのでこまめに探す必要があります。アルバイトはアシスタント的な仕事が中心になります。

デザイナーやエンジニアなどを中心に専門知識が必要なので、美大やゲーム関連の専門学校に直接求人が来ることが多いです。ゲーム会社によっては自社のタイトルが好きな人に来てほしいと自社サイトで告知する場合があるので、それをチェックしておき、好きな会社があれば問い合わせてみるのも手です。

基本的には近場の学校に声をかけるので、地方に住んでいる人がゲーム会社のインターンやアルバイトをするのは難しいですが、今はオンラインのインターンやアルバイトもあります。

それでも、ゲーム会社でのインターンやアルバイトができないことが決定的に不利かと言えば、そうではありません。学生はインターン先の経験ばかり尊重しがちですが、作品にアドバイスをもらってブラッシュアップしたり、面接対策をすることは学校でもできます。

インターン先で声を掛けられて就職につながるケースもあります。今、活躍されているクリエイターはデバッグバイトから登用されるケースも少なくありませんでした。しかし、開発が専門的になり、外部の専門企業に発注するケースが増えたため、以前よりかは難しくなっています。そうであっても大手となれば選考プロセスはちゃんと通しますし、インターンやアルバイトの経験がプラスになるかもしれませんが、他にもっと優秀な人がいればそちらが優先されます。

アルバイトもインターンもできたら会社の雰囲気を知ることができますし、エントリーのためにエントリーシートを作成したり、ポートフォリオや作品を作るなどいち早く就活準備ができるのでおすすめですが、できないと就職できないわけではありません。安心しながら、アルバイト、インターン先を探してみてください!

 

▼マシュマロを投げたい方


GCGではゲームクリエイター甲子園の他にも、FB会などの甲子園関連コンテンツ、ゲームクリエイターを招いたトークイベント、企画書講座、就活相談など様々な活動をしています!

ゲーム業界に関する様々なことをLINEやディスコードで発信しているので、気になった方はご登録ください!

▼学生向けLINEの登録はこちらから!
新規CTA

▼社会人向けLINE登録はこちらから!
新規CTA

 ゲームクリエイターズギルドとは

ゲームクリエイターが生涯現役でいられる世界を目指して、
ノウハウ還流の場やクリエイター同士のコミュニケーション機会など、
クリエイターの生涯活躍を支援する活動をしています。
会社の垣根を越えて、業界全体が協力してクリエイター育成が出来る
仕組みづくりを日々模索しています。
ゲームクリエイターズギルド 公式サイトはこちらから
\“いいね”“フォロー”で応援お願いいたします!/